プログラム一覧

アメリカ 有給インターンシップ

アメリカ 有給インターンシップ

文字通り「収入(手当)」を得ながらアメリカの企業で研修を行うプログラムのことで、一従業員として海外の企業で就労研修を行います。勉強や体験というより、就労の側面が強く、一般的には1年以上の長期間にわたり研修をするので、より深くその企業に根ざすことになり、より深い経験を積むことができます。手当はインターンシップ先の企業により異なりますが、家賃や生活費などの補助に充てることができるため安価に海外での長期滞在を行うことができるというメリットがあります。

  • アメリカ国務省認定のプログラムで、最長18ヶ月までの企業研修ができる
  • 手当が支給されるので生活費を補助しながらアメリカに長期滞在ができる
  • インターンシップを通じてアメリカのビジネス現場で就業経験を積むことができる
  • 就業経験を積みながら高度な英語力の習得ができる
  • 豊富な研修先リストから業種・職種を選ぶことが可能で、将来のキャリアの新たなスタートにすることができる

参加条件

職歴

(1)(2)のどちらかに当てはまる方

  1. 短大または4年制大学を卒業し、1年以上の職歴がある方
  2. 中卒、高卒、専門学校を卒業し、5年以上の職歴がある方
学歴

インターンシップ先の業種と大学(短大、専門)での専攻が一致している

一致していることが好ましいですが、厳密に必ずしも一致している必要はなく、様々な業種から企業を選択することが可能です。

英語力

企業の応募条件によってレベルは異なる

企業よりどの程度のレベルが必要か決定されます。インターンシップ先の企業は、様々な応募条件を規定しており、業務においてどの程度英語を利用するかによって、英語力の条件が異なり、英語使用率の高い企業の場合、より高いレベルの英語力を求められますし、そこまで英語使用率が高くない企業の場合、そこまでのレベルを求められないえいごりょ場合もあります。

年齢

目安として23歳~35歳までの方

学歴、職歴も加味しますと基本的には23歳以上の方が対象で、上は35歳までの方が目安となっております。35歳以上の方に関しても申請基準が少し厳しくなりますが可能な場合がございます。


派遣先都市について

派遣先都市について

インターンシップは企業での研修のため、主に大都市への派遣が一般的ですが、地方都市への派遣も可能で、実績は全米に渡ります。但し、主要都市でない場合企業の数も少なくなるため選択できる業種や職種に限りがでます。より幅広い業種、職種からの選択をご希望の際は、2大都市のニューヨーク、ロサンゼルスよりお選び下さい。
なお、2014年1月現在、ハワイへの派遣は非常に規制が厳しい状況です。最新情報はどうぞお気軽にご相談下さい。

主な派遣先
ロサンゼルス/サンフランシスコ/ニューヨーク/ホノルル/シカゴ/ワシントンDC/ボストン/フロリダ/マイアミ/サンディエゴ/ポートランド/シアトルなど

企業について

インターンシップ先は、日系企業、米系企業など様々です。
業種もかなり多岐に渡っており、旅行、ホテル、貿易、会計、出版、広告、不動産、飲食などの他、様々な業種があります。業種、職種の希望も考慮の上、派遣先が決定されるので、これまで働いてきた分野の経験を生かしたり、さらにキャリアアップを目指したりすることができます。
気になる手当は、1ヶ月1,000~1,500USドル程度が相場ですので、残念ながら正社員のように多いわけではありませんが、英語の勉強と企業研修をしながら、手当がもらえるので、長期滞在でも費用を大きく抑えて生活を送ることができます。

主な業種
貿易、旅行、メーカー、不動産、IT、出版、アパレル、コンピュータ、会計事務所、法律事務所、テレビ局などのメディア、広告など
主な職種
事務、営業、販売、接客、専門技術職など
就業条件
  • 勤務時間

    月~金の週5日、7~8時間/日、35~40時間/週

  • 手当

    US$1,000~1,500
    ※企業や職種によって異なります。勉強色の強い業界ではUS$1,000を下回る場合もありますし、営業や技術職などはUS$1,500を上回ることもあります。


開始までの流れ

step1

カウンセリング(無料) カウンセリング又はオンライン仮登録

まずはインターンシップの制度をしっかりご理解いただくために、ご来店またはお電話にてカウンセリングをお受け下さい。プログラムの目的、ビザの制度、参加条件、内容、費用など詳しくご案内差し上げます。

step2

インターンシップ審査(無料) 履歴書提出、ヒヤリング、英語レベルチェック

職種、業種、地域のご希望をお伺いし、学歴、職歴、英語レベルを元に、ご希望のインターンシップの実現の可能性を審査させて頂きます。
参加条件を満たしているか、どんなインターンシップのご紹介が出来る可能性があるかをお伝えします。希望条件をある程度幅広くお考えの場合は、英語力以外の査定でご案内不可になることはほとんどございません。一方で条件を細かく設定される場合は、審査のハードルが高くなります。

step3

お申し込み手続きプログラムへの正式申込

審査の合格者には、合格通知とご提案できそうな企業の資料をお申込書類を郵送にてお送り致しますので、条件をしっかりご確認の上、問題がなければお手続を行って頂きます。

step4

企業審査

審査の合格者には、合格通知とご提案できそうな企業の資料をお申込書類を郵送にてお送り致しますので、条件をしっかりご確認の上、問題がなければお手続を行って頂きます。

step5

DS-2019の申請インターンシップの許可書=DS-2019の申請

インターンシップはアメリカ国務省認定のプログラムであるため、所定の機関にインターンシップの許可書(DS-2019)の申請が必要となります。
DS-2019の申請には、インターンシップ期間中のトレーニングプランを細かく作成し、必要書類と一緒に提出したり、担当者と英語インタビューをしたりする必要があります。

step6

ビザ申請

DS-2019が発行されましたらいよいよ大使館・領事館でのJ1ビザ申請の面接となります。面接の状況は、担当者やその時のルールによって異なりますが、早い場合は2~3質問をされて終了となります。

step7

渡航準備

ビザが発給されればいよいよ渡航準備となります。
航空券、保険、口座、電話、役所での手続、そしてアメリカでの一時滞在先など渡航準備は多岐に渡ります。

step8

インターンシップへ出発

ビザも取得し、滞在先、航空券の手配ができればいよいよ出発です。気を付けていってらっしゃいませ!


料金

審査費用 カウンセリング 無料
インターン審査 無料
プログラム費用
(お申し込み時にお支払い)
216,000円
DS-2019申請書作成費用 108,000円
DS-2019申請費用
(企業決定後にお支払い)
3ヶ月 192,400円
4ヶ月 203,300円
5ヶ月 214,800円
6ヶ月 227,000円
7ヶ月 237,800円
8ヶ月 250,000円
9ヶ月 260,900円
10ヶ月 272,400円
11ヶ月 284,600円
12ヶ月 295,400円
13ヶ月 307,700円
14ヶ月 318,600円
15ヶ月 330,000円
16ヶ月 342,200円
17ヶ月 353,100円
18ヶ月 365,300円
ビザ申請費用
(企業決定後にお支払い)
大使館面接練習 16,200円~
ビザ申請書類作成料 25,920円
SEVIS費用 US$180
アメリカ大使館面接申請費用 US$160
その他 航空券
保険
現地支出 (生活費、お小遣い、交通費など)

※DS-2019申請費用には、US傷害保険料が含まれます。

※サイトビジットが必要な場合、別途25,800円が必要になります。

※DS-2019申請費用は、予告無しに変更する場合がございますので、予めご了承ください。