インターンシップとは?

視野を広げ、国際人を目指す。

海外インターンシップとは、海外の企業で働きながら就労経験を積むことを主な目的としています。
海外のビジネスに対する考え方、価値観の違いなどを実際に体験することで視野を広げ、語学力だけでなく、様々な力を身に付けることができます。就職活動に活かしたい学生から、キャリアアップを目指す社会人まで、様々な目的をもった人がインターンシッププログラムに参加しています。


インターンシップ

有給インターンシップ

主に「就労」を目的としているインターンシップ。
企業の「従業員」として給料をもらいながら研修を行うタイプで、期間は最低6ヶ月以上、通常は1年~1年半が一般的です。無給インターンシップに比べて審査が厳しい職種や国があります。

アメリカ、カナダ、オーストラリア、マレーシアなど
都市
主に大都市ですが、その他の都市も可
参加方法
日本で出発前に企業を選定
企業の数
数千社以上
給料
有給 ※平均1ヶ月100ドル~1500ドル
期間
最低6ヶ月以上、最大18ヶ月まで
参加資格
国の制度により異なる

  • 高校卒での参加可
  • 職歴なしでの参加可
  • 英語力なしでの参加可

※国、業種、職種などにより大きく異なるため要相談

ビザ
アメリカの場合:J1ビザ
ワーキングホリデービザ、スペシャルビザ
準備期間
最低4ヶ月程度、一般的に6ヶ月~1年

無給インターンシップ

主に「体験」を目的としているインターンシップ。
一定期間語学学校に通ってからプログラムに参加します。期間は1ヶ月~3ヶ月程度で、給料は支給されませんが、有給インターンシップに比べて審査はさほど厳しくはありません。

アメリカ、カナダ、オーストラリア、マルタなど
都市
主に大都市
参加方法
現地到着後、英語研修をしながら企業を選定
企業の数
数百社以上
給料
無給
期間
主に1~3ヶ月まで
参加資格
  • 学歴不問
  • TOEIC700点程度の英語力
ビザ
学生ビザ、観光ビザなど
準備期間
最低3ヶ月程度、一般的に6ヶ月~1年


ビザの種類

ワーキングホリデービザ

とても自由のきくビザで、国によっていくつか規則はあるものの、特に滞在中なにをしなければならないという制限がない。特徴的なのがフルタイムで働けるという点で、有給インターンシップに参加する際に必要となる。

アメリカ J1ビザ

アメリカで就労体験ができるビザで、アメリカでの有給インターンシップに参加する場合はJ1ビザが必要となる。様々な書類や英語面接が必要となるが、弊社ではこれらをしっかりとサポートします。

その他

国によっては観光ビザが必要な場合や、一定期間以上の滞在には学生ビザが必要となる場合がある。必要となるビザはプログラムによって様々なので、やりたいことが決まったらまずはお気軽にお問い合わせ下さい。